社長ブログ

「すきやばし次郎」

すきやばし次郎の店主、小野二郎のドキュメンタリー映画

「二郎は鮨の夢を見る」を観た時、不思議だったのが

店主の小野二郎よりも息子の小野禎一の握った鮨の方が

食べたいと思った。

これは彼の人柄なのか、苦労や苦悩が見えたからなのか

同じ2代目だからなのかは、わからないが

なぜかそう思った。

ホリエモンが前に

「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と発言して話題になった。

確かに、技術が早く覚えられるようになったのは良い事だと思うし

美味しいお店が増えると思うと嬉しい。

きっと何か新しい事に挑戦する時は、

そんなお店に行き「勢い」を実感したい時もあると思う。

ただ何かを成し遂げた時、苦労が実ったとき

きっと僕は何年も修行した職人の店に行くと思う。

お祝いをするわけだはなく、店主と会話をするでもなく

淡々と鮨が出てきてそれを黙々と食べる。

きっとそれは美味しく感慨深いものだと思う。

関連記事

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. 「水道橋駿河台」

  2. 「すきやばし次郎」

  3. 「数字・ファクト・ロジック」