社長ブログ

「水道橋駿河台」

浮世絵はホームページ制作の仕事をしていた頃、

デザインの参考にした事がきっかけで好きになった。

どちらかと言うと僕は葛飾北斎より歌川広重の方が好きだ。

それは北斎の絵は、「俺の絵すごいだろ?」という圧を感じて

気楽に見れないからだ。

一度、北斎の絵に囲まれるカフェでお茶をした時は、自然と背筋が伸びた。

そんな北斎とは対照的に広重の絵は、いい意味で気軽に、気楽にみれる。

だけどその絵には、きちんと想いが込めれらていて、

そこがまた好きだったりする。

特にそれを感じたのが名所江戸百景の「水道橋駿河台」だ。

初めは鯉のぼりの大きさだけに目を取られる作品だったけど、

絵から様々な事を読み取り解説している本を読んで

歌川広重が込めていた想いを知ってからは、特に好きな作品になった。

この事がきっかけで絵について本を読むようになった。

絵は今まで理解しようという考えがなかったので、知識が増えると嬉しくなる。

いくつになっても学ぶとはいいもんだなと感じた。

関連記事

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. 「コロッセオ」

  2. 「チェーン店」

  3. 「天神ビックバン」