社長ブログ

「ニュープリマス」

ニュージーランドに留学していた頃、

ニュープリマスという街に友人3人と自転車で旅行をした。

ニュープリマスは僕の住んでいたパーマストンノースから

200キロ以上離れている街だったので4日かかった。

宿泊は全てバックパカーズという安ホテルに泊まった。

初日のバックパカーズは2段ベッドの上のベッドが外れそうになったり、

2日目のオーナーはベロベロに酔ってて次の日、倍の宿泊費を請求してきたり、

3日目の宿は使われなくなった古い学生寮をバックパカーズにしていて

雰囲気は映画シャイニングの洋館。しかも客は僕達だけ。

みんな怖くて2人しか入れないシャワールームに4人みんなで入った。

やっとたどり着いたニュープリマスのバックパカーズは、

これまでと違い屋上のバルコニーからは海のみえる綺麗なところだった。

バックパッカーズの前の通りは工事中で、そこの警備員も宿泊していた。

2日目、夕食にピザをテイクアウトしてバルコニーで皆で食べていると、

休憩中の警備員が「ピザのいい匂いで腹が減るよ」と

話しかけてきた。

ぼくたちは「ごめん。ごめん。」と笑顔で答えてそれから少し会話をした。

途中なんでそういう話になったのかは覚えてないが彼が

「俺はラッキーなんだ」と言った。

「なんで?」と聞くと

「俺には仕事がある」と自信満々に答えた。

はじめよく意味がわからなかったが

よくよく話を聞くと当時のニュージーランドには、

なかなか仕事がなく就職することは大変だったようだ。

だから彼は仕事が出来ることがラッキーだと言ったのだった。

あの時の事はとても記憶に残ってて、当時の僕は

「仕事があるって恵まれてることなんだな」と思ったのを覚えている。

あれから僕も社会人になり仕事をしているが、

ふとあの警備員の事を思い出すと、身が引き締まる。

関連記事

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 「エドワード・ホッパー」

  2. 「ニュープリマス」

  3. 「塞翁が馬」

アーカイブ