社長ブログ

「納豆に砂糖」

高校時代、世界史の授業で異文化について教師は

「隣の家のやつは、納豆に砂糖をかけて

食べるけど生まれた時から、それを食べているから、

それが変だなんて、そいつは思ってない。」と説明した。

乱暴な意見だか妙に納得したのを覚えている。

ニュージーランドにいる頃、生活習慣の違いに驚く事は多かった。

課外授業で農園の手伝いをした際、僕はニュージーランド人と2人で

網を貼っていた。

あと数メートルで終わるといったところで急に彼は網を地面に置いた。

「どうした?」と聞くと彼は

「ティータイム(休憩)!」と答えた。

時計を確認したら確かに15時だった。

でも、その作業はあと2〜3分もあれば

終わる内容だった。

こういった事は多く、はじめは、イライラしたが

徐々に文化や生活習慣の違いを受け入れるようになり

「そういうものだ」と思うようになった。

「郷に入っては郷に従え」ということなのだと思う。

結局その時も、一緒に休憩をした。

こういった体験が

「世の中には色々な人がいて、色々な考えがある」

という考えの基盤を作ったような気がする。

関連記事

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

  1. 「コロッセオ」

  2. 「チェーン店」

  3. 「天神ビックバン」